Action Plan行動計画

女性が総合職として活躍でき、男女共に長く勤められる職場環境をつくるために次の行動計画を策定する。

計画期間:令和2年12月1日~令和4年11月30日

1.当社の課題
  

課題1:女性総合職が少ない
課題2:女性社員の配置部署に偏りがある
課題3:社員の残業時間に偏りがある



2.目標
  

目標1:女性総合職の人数を2名以上増員する
目標2:女性社員の配置部署の増加を図る
目標3:社員一人当たりの月平均残業時間を40時間以内とする



3.取組内容と実施時期
取組1
総合職としての資質を持った専門職や有期契約女性社員に、キャリアプランを作成し、総合職としての能力開発をするとともに、
その役割・職責の自覚教育を実施する。

・令和2年12月~ 総合職の増員を会社方針と位置付け、受入れ部署の設定を実施する。
・令和3年1月~ 女性社員から見た総合職登用の障害要因の確認と解消

取組2
固定観念を払拭し、また、現有組織の業務特性を細分化して点検、確認することにより
、女性の活躍を可能にする配属部署を主体的に検討、実施する

・令和2年12月~ 現有組織の業務特性の総点検と意識改革の推進 ・令和3年1月~ 女性社員の配置に伴う問題・課題の抽出と解決策の検討

取組3
各部署の情報や業務管理を共有化し残業時間抑制をはかり一人当たりの残業時間を削減する。

・令和2年12月~全社員を対象とし残業時間削減、業務効率化に関するアンケ-トを実施する
・令和3年1月~アンケ-ト結果を分析し、全社員が閲覧できる場所に掲示する
・令和3年1月~個別時差出勤を開始し柔軟な働き方を可能とする制度を導入する